Photography and Gold Coast Hot Air Ballooning

子供と自分は一回目の熱気球体験に驚かせました。離陸と着陸するのは楽しいし、興奮しました。すべての体験は…忘れられなかった。オーストラリアへの13日間の旅の中に期待してたハイライトの一つでした。親、または写真愛好家として、、私は写真撮影の知識で、家族のため、すべての熱気球体験の思い出を作ろうと思います。

最初に色々なレンズ、 2つプロのカメラ本体、外部フラッシュと100 LEDライトを準備しましたが、結局に使用したのは人工照明なしの魚眼レンズでした。私が心配するのは、早朝の飛行の照明条件、および気球で手ブレより引き起こす画像ブレでした。

すべての技術的な心配はほとんど飛行前の緊張のようでしたが、その日の3:45amに、ホテルから熱気球体験を出た時にも不安でした。バスの中に13人がいました。ドライバーはやさしくて、ユーモラスだったので、ホテルからサイトまで快適でした。飛行サイトに到着した頃に、空は明るくて、天気も完璧でした。太陽が輝き始めたので、私もバス中で旅を記録し始めました。このような体験を瞬間に凍らせたかったし、記憶にもそれを捕えたかった、私の意味は分かっていますか?一部の乗客がドライブ中に居眠りしていたが、私はどんな良い瞬間を捕えるのを期待しました。

Bus journey to the flight site (Small)
*飛行サイトへの途中。やや暗くて、バスの移動が画像をぼやけされる場合はあります。低シャッタースピードと手ブレを補正するため、ISOを高く設定。

Hot Air Balloon Bus (Small)
*中国人のラッキーナンバーではないので、代わりに、影で 合計8の写真を撮りました。 8は中国語で繁栄の意味。

前に言った通り、主な心配するの2つは、照明条件と手ブレでした。毎回写真を撮った後、この画像ブレはお使いのカメラの3” 液晶画面ズームインして、確認しないと、パソコンにダウンロードして、大きな画像を表示する時だけ見れます。 でも、本当に誰はそうしますか?内蔵フラッシュの汎用性の高いカメラはすべての体験を捕えるのに十分です。汎用性の高いカメラは – 1 、広視野角画像(すべてのフレームカメラには24mm、エントリーレベルのDSLRには18mm)を撮れますし、同時にズームインできます。バルーンの高さにより、最低5倍ズームの効果は最佳。私の場合、空に居るとき、風景に魅了されて、結局主に広角を使用しちゃいました。また、飛行中の限られたスペースでは、ズームを多くを使われないでしょう。でも、小さなスペースに限られたかもしれないが、空中に見れる視野は目が見えるのより広いです。いつも使用してる写真撮影技術の1つは三分割法です。簡単と言えば、フレーム全体の三分の二を残して、被写体を三分の一を占めるように構成します。このルールは、高さを示しながら、飛行中にバルーンで、友達や家族の写真を撮りたい時に特に非常に便利です。これは、飛行中を示している風景を撮るのため、スペース(その三分の二の残り)を与えます。

Hot Air Balloon Take Off (Small)
*被写体(私の娘)をフレームの左側、全体の約三分の一に配置して、写真に飛行中を示している風景を含まれる。

第2は飛行中に太陽(光源)の位置。バルーンは移動しているので、照明条件は常に変化し、時にも光源(太陽)が被写体の後ろ(裏蓋)にあって、被写体を影にされるようにします。そこには内蔵フラッシュの出番です。最近ほとんどのカメラは裏蓋機能を持って、露出過度を補償するに、写真を2 ストップで読み込んで、被写体を適当に露出します。でも、それは背景を洗って落ちるでしょう。このような場合に、手動でフラッシュをアクティブをして、日中シンクロ撮影を行ってください。私がポストプロダクションの完全な柔軟性のため、RAWで記録しますが、一般的に、JPEGに設定します。裏蓋の場合に、日中シンクロ撮影を強くお勧めします。

Hot Air Balloon Inflight Photo (Small)
*被写体はよく露出されたが、背景を過度露出された。一般的に内蔵フラッシュで撮影する時に発生する。日中シンクロ撮影とも言う。
Hot Air Ballooning Scenery (Small)
*裏蓋機能はこのような素敵なムードショットを作成できる

三分割法以外、バルーン内の限られたスペースに、風がゴールドコーストの広い土地で、バルーンを吹くように、カメラの角度を探しましょう。高いカメラ角度はバルーンの高さを誇張します。特に、広角レンズを使用する場合。あるいは、手首にカメラを固定し、気球のバスケットから腕を伸びて、いくつかのセルフィーを試してみましょう。
Hot Air Ballooning Family Photo (Small)

*魚眼レンズでエッジを曲げて、被写体が小さくなる

Family Selfie Hot Air Ballooning Australia (Small)
*オーストラリア 熱気球での家族セルフィー

撮影中でも、カメラからオフして、景色を眺めましょう。ゴールドコーストの本質で永遠の思い出を作りましょう。それは文字で記述するものより貴重です。

今ペンでオーストラリアのゴールドコーストの熱気球体験を書いて、すべての鮮やかな体験はもう一度心の中に戻りました。これは OZ’some の経験!あなたもオーストラリアで同じ素敵な熱気球体験をすると思います。三分割法はスマートフォン、コンパクトデジタルカメラやプロのDSLRに同様に適用されます。どっちを選ぶのはあなたが撮りたい画像から決められます。この熱気球体験は永遠に忘れられないと思います。
Wayne Toh
www.dpitureroom.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>